Anti-Aging

エイジングケアをして肌の悩みを解消しよう【紫外線対策が重要】

年齢にあったスキンケア

見た目が若返る

ウーマン

肌のお手入れをすることをスキンケアと言います。たとえば石鹸で顔を洗うこともスキンケアの一種です。スキンケアは年代や男女関係なく、誰でも自然としていることです。それとは別に、美容や肌年齢を意識して積極的にスキンケアをすることを、エイジングケアと言います。エイジングケアとは、年齢にあったスキンケアという意味です。20代には20代用の、50代には50代用のエイジングケア化粧品があります。自分の年齢層をターゲットにしたエイジングケア化粧品を使うことで、肌に不足している栄養を効率よく補えます。エイジングケアで使うのは、肌にハリやツヤを出す美容液やシミ消しに良い美白クリーム、アイクリームなどです。シワやたるみには、リフトアップ効果がある美容液が効果的です。また、美白クリームには、肝斑やしわやくすみなどを予防または改善する効果があります。美白成分がメラニン色素を分解するので、使い続ければ肌色が明るくなり、見た目年齢がずっと若返ります。加齢で深くなってくる目の下のたるみや目の周りのシワには、アイクリームが効きます。アイクリームは目の周りのたるみやシワにターゲットを絞ったエイジングケア化粧品です。目元のデリケートな皮膚に負担がかからない優しい潤い成分や高濃度美容成分が配合されていて、長い時間乾燥を予防します。乾燥しやすい目もとも、アイクリームを塗ってケアをすれば潤い成分の働きで内側から潤ってピンとハリが出ます。

専用製品を使おう

婦人

顔のシミの増加や毛穴の開き具合、目元の小じわやたるみなどが気になりだしたらエイジングケアを始めましょう。エイジングケアとは、加齢の影響で増えるお肌の悩みを年齢の応じたやり方でお手入れすることで、30歳を過ぎてから始める女性が増加しています。若い頃と同じようなお肌のお手入れで防ぎきれないトラブルは、エイジングケア用の化粧品を使って改善させるのが一般的になってきました。現在、いろんな美容製品メーカーがエイジングケア用の化粧品を販売しており、毎年効果的な製品がたくさん開発されています。化粧水や保湿クリーム、美容液がエイジングケア製品のメインですが、中にはファンデーションを販売しているメーカーもあります。お肌のトラブルに応じて適した製品が分けられているので、エイジングケアを始めようと考えている方は、予め知識をつけておきましょう。くすみやシミのトラブルに適している製品には、美白表記があったり、ビタミンC半導体が配合されていたりします。又、ビタミンC誘導体には、毛穴を引き締める効果も望めるので、美白以外の目的で利用される方もたくさんいらっしゃるようです。たるみやほうれい線の悩みを解決されたい方は、お肌の張りを良くする効果があるコラーゲンや、保湿効果が高いヒアルロン酸やセラミドが配合されている製品を選びましょう。ヒアルロン酸やセラミドは、小じわの改善にも効果的で、多くのエイジングケア製品に使われている成分です。又、全てのトラブルに対応している美容液や化粧水もあるので、エイジングケア製品の人気が年々上がってきています。

オイルケアで若肌になる

レディ

「若々しくツヤのある肌を保ち、肌の老化を遅らせたい」ということは、女性なら誰もが願うことではないでしょうか。疲れた潤いのない肌は見た目年齢を確実に上げてしまいますよね。そんな不安を解消するために、今話題のクレンジングオイルを試してみたらいかがでしょうか。「オイル美容」は今やエイジングケアの主流になりつつあります。オイル成分は低下してしまった肌本来の保湿効果を高め、年齢肌の味方になるものです。エイジングケアに効果的なオイルにはさまざまな種類があり、浸透性が高い「ホホバオイル」、保湿効果が高い「アルガンオイル」。美容や健康に効果的な「ココナッツオイル」ポリフェノールを多く含む「オリーブオイル」などがあります。良質なオイルはアンチエイジングのためには積極的にとりいれたいですね。エイジングケアの一環として、クレンジングにクレンジングオイルを使うのはとてもおすすめです。短時間にメイクを浮き上がらせることができるので、肌への負担が少なくて済みます。メイクを浮かせるように肌になじませ、コットンや柔らかいテッシュで浮いた汚れをやさしく拭き取るように取り除きます。その後泡立てた洗顔料でダブル洗顔をしましょう。バスタイムに顔全体をマッサージしながらクレンジングするのもエイジングケアには効果的です。お湯につかりながらやることで、毛穴の汚れや無駄な皮脂が落ちやすくなります。血行も促進され、肌が生き生きとよみがえりますよ。