Anti-Aging

エイジングケアをして肌の悩みを解消しよう【紫外線対策が重要】

肌のケアをきちんと行おう

製品の成分を知るのは大切

スキンケア

年を重ねるたびに、肌荒れが気になったり、顎のたるみが気になったりすることがあります。もし、そのような肌の老化が起こったら、エイジングケアをする必要があります。このエイジングケアとは、自分の年齢に合わせて肌の手入れを行うことです。日ごろからきちんとケアを行うことで、若々しく健康な肌を手に入れることが出来ます。まず、紫外線や生活習慣が不規則になったりすることが原因で、細胞が酸化してたるみが増えてしまうことがあります。そうならないために、肌のハリを与える、ビタミンCやレチノールといった成分が配合されている化粧品を使用した、エイジングケアをすると細胞の酸化を防いでくれます。また、他にもメイク落としのクレンジング剤により、肌が荒れてしまうことがあります。このクレンジング剤の多くは、合成界面活性剤が含まれています。また、台所用洗剤などに含まれている成分で、洗浄力がとても強いです。このようなものを使用すると、皮脂膜や角質層の部分まで洗い流してしまうのです。そうすると、肌を守るパワーが低下してしまい、肌が荒れる症状が出てしまいます。そのため、非イオン系のクレンジング剤を選んだ方がいいです。これは、肌に負担をかけずに、メイクの成分のみを綺麗に落とせるのです。このようなエイジングケアを行うと、肌を守ることが出来ます。このように、化粧品やスキンケア商品を選ぶときには成分をきちんと確認することが大切です。

日々の努力が大事

女の人

エイジングサインを感じたら、エイジングケアのはじめ時です。加齢とともにファンデーションのノリや持ちが悪くなってきたり、毛穴が開いてきたりするのは、肌コンディションが乱れてくるためです。そのままいつも通りのスキンケアをしても、年齢による肌トラブルを解消するのは困難です。エイジングケア効果がある化粧品を使っていつもよりもワンランク上のお手入れをすることで、肌に活力が戻ってあらゆる肌トラブルを予防できます。エイジングケアで基本となるのは、肌の乾燥を予防することです。乾燥は毛穴の開きやたるみ、ほうれい線などの原因となるので、高保湿な化粧品でエイジングケアをすることが大切です。乾燥肌用やエイジングケア用の化粧品はしっとり系が多く、サラサラ系よりもとろみがあります。とろみには肌の表面にバリアを作る働きがあり、つけたての保湿効果がずっと持続します。保湿効果が高い化粧品を塗ることはもちろん、肌にできるだけ刺激を与えないようにすることで乾燥対策ができます。リンパマッサージにはデトックス効果や小顔効果があり、顔全体の血行促進、つやのアップに効果的です。しかし、力を入れてマッサージをすると逆効果になります。正しいリンパの知識を得てから、優しくなでるようにマッサージをすることが大事です。また、毎日のクレンジングは肌に負担になりやすいので、ファンデーションはミルク系、アイメイクはオイル系と使い分けるのがお勧めです。

美白やリフトアップ効果

女性

肌の悩みは人によって違うので、エイジングケアをする場合も悩みにあった成分を配合した基礎化粧品を使うことが大切です。シミにはビタミンC誘導体やアプレシエを配合した基礎化粧品が効果的です。ビタミンC誘導体は高い浸透度と安定性があるスキンケア成分で、シミのもととなるメラニンの生成を抑制する働きと、メラニンを分解する働きがあります。強い美白効果があるので、多くの美白化粧水に配合されている人気の成分です。アプレシエはパワーアップしたビタミンC誘導体です。水性と油性の生成を持っているので、化粧水からクリームまで、幅広い基礎化粧品に配合されています。エイジングケアをする目的として一番多いのがハリ不足です。ハリ不足の悩みには、ヒアルロン酸を配合した基礎化粧品があります。ヒアルロン酸は、たったスプーン一杯で6リットルもの水分を保持するパワーがあるといわれています。ヒアルロン酸でエイジングケアをするとハリが不足した肌に潤いが浸透し、弾力がアップします。毛穴の開きやくすみにも効果的です。乾燥対策やシワ対策に効果的な成分がセラミドです。セラミドは人気のエイジングケア系基礎化粧品によく配合されていて、美肌効果が高い成分として注目されています。角質層で皮脂バリアをつくり、紫外線などのダメージから肌を守って乾燥しないコンディションに整える働きをします。セラミドはもともと油性の成分なので、化粧水よりも美容液やクリームなどから補うのがおすすめです。